失敗をしないために事前に知識を入れておく

太陽光発電を自宅に設置する時に良く聞く失敗談が、見積もりを取らずに最初から1社に決めてしまったために、あとで調べたら50万以上も値段に開きがあったや、補助金が受けられると聞いていたのに、いざ補助金の申請をしようとしたら、自治体では補助金制度がなく、業者が仕組みをわかっていないために話が違ったなどの声が見られます。

このような失敗談からわかるように、すべて業者任せにせず、自分で調べられる所は事前に調べておきましょう。
また、見積もりも最低でも2社から3社の見積もりを取っておく事が必要です。
少しの差ぐらいなら気にしないという心の広い人もいるかもしれませんが、50万の差は大きいと思います。
見積もりは値段の相場を見る事もできますし、見積もりの際の業者の対応なども参考に見る事ができます。
いくら安くても、太陽光発電の仕組みもまったくわかっていないような業者に頼むのはさすがに嫌です。
そんな業者はアフター面の不安もあります。
複数の業者に見積もりを取る主な理由は業者の対応を見るためと、相場を知るためなのです。
その点を頭に入れて置き会社を選んでいきましょう。