シャープの太陽光発電の特徴

家庭用の太陽光発電システムを開発製造するメーカーも数ありますが、50年以上に渡り太陽光発電の開発に取り組んで来たシャープの太陽光発電の特徴について見てみましょう。
まず、シャープが太陽光発電の開発に取り組みはじめたのは1959年のことで、電気を消費するモノを作るメーカーの責任として、電気そのものを作るべきという熱い思いから、開発の歴史が始まっています。
この長い開発の歴史から培ってきた技術や様々なデータの蓄積、経験を活かして、シャープでは国際規格よりも厳しい独自の品質基準で品質試験を実施し、末永く安心して使える耐久性を実現確認しています。
シャープの太陽光発電は、長年をかけて磨き抜かれた技術を利用して、太陽光モジュールの性能だけではなく、システム全体を使って効率よく、より多くの電力を産み出すシステムとなっています。
まず、太陽光モジュールはサイズや形の違うモジュールを豊富に取り揃え、様々な屋根にフィットし、より多くの発電量を確保できます。
また、複数の屋根に太陽光モジュールを設置する場合、一般的なシステムでは、複数の面で発電した電力を1つにまとめてから家庭用電力に変換するため、電力のロスが生じてしまいます。
しかし、シャープのパワーコンディショナは屋根面ごとに電力を変換するので、最大限の電力を効率よく変換できます。
しかも、1台のパワーコンディショナで接続箱の機能もオールインワンされた、スッキリユニットになっています。
また、一般的なパワーコンディショナでは周辺の温度が25度を超えて来ると電力変換効率が落ちてしまいますが、シャープでは35度を超えるまで運転制御をかけず、効率的に電力変換を行うことができます。
設置容量や規模が大きく、パワーコンディショナが複数台に及ぶ場合にも、1台のモニタでまとめて監視できる装置も開発されています。
初めての太陽光発電システムの設置や稼働は不安や疑問もいっぱいだと思いますが、シャープでは、インターネットを通じて、常に設置された太陽光発電システムを見守るWebモニターサービスがあります。
専門のスタッフによってシステム監視や定期診断が実施され、システムエラーの発生時には迅速かつ適切な対応が可能になります。
シャープでは一般的なメーカー保証である無償の10年保証に加えて、有償のまるごと15年保証も用意されており、いずれか好きな保証を選ぶことができます。