一般家庭における太陽光発電の普及

一般家庭において太陽光発電システムを設置する場合、どのようなメリットがあるでしょうか?
まず1つめは、太陽という自然エネルギーによって発電することで、コストの安くて安全でクリーンなエネルギーを自給自足しできることです。
震災以降、節電要請が続いていますが、自給できるわけですから、猛暑の冷房や極寒の暖房も安心して使うことができます。
2つめは、エネルギーを自給できることにより、これまでかかっていた電気代がかからなくなることです。
太陽が出ていない夜間や雨天の時のみ、電力会社から電気を買います。
割安の夜間料金を契約することで、電気代を抑えることが可能です。
3つめは、余剰電力を電力会社に売電して収入を得られることです。
家庭で使用する以上の電力が発電できた時や、節電によって余剰電力を創り出して売電すれば、割のいい収入が得られます。
4つめは、地球温暖化防止に貢献できることです。
太陽光発電はクリーンエネルギーなのでCO2排出量の削減に大きな効果を及ぼします。
そして5つめは、震災以降に注目されるようになった非常用電源としての機能です。
大きな災害が起きるまで認識がされていなかった重要な機能といえるでしょう。
停電しても自立運転機能により、太陽が出ていれば冷蔵庫やテレビなど、衣食住をまかなったり、災害情報を得たりするうえで必要最低限の家電製品を動かす電力を得ることができます。
一般家庭における太陽光発電の普及状況をみると、地球温暖化防止につながるエネルギー政策の一環として普及促進をしていた時は、補助金を得ても設置費用が高額なことがネックとなり、政府が期待するほど普及はしていませんでした。
しかし、震災以降、一気に普及が加速しています。
また、原発事故に伴う節電要請と猛暑が重なる時期に、補助金の申請が急増しているようです。
自治体で独自に行っている補助金交付も、7月~9月の暑い時期に1年分の補助金枠を達成してしまうことが多いようです。
猛暑の中の節電要請で危機感を募らせ、太陽後発電の設置に踏み切っているご家庭が多いのでしょう。

化粧品の高価買取
コスメ高価買取の全国No1を目指します!