山梨県のクリーンエネルギーに対する取り組み

山梨県では、クリーンエネルギーの普及による低炭素社会の実現と経済の活性化の両立を目的として、やまなしグリーンニューディール計画を推進しています。
この計画は、4つのクリーンエネルギーの普及促進を図り、クリーンエネルギー先進県となる事を理念としているのです。
4つのクリーンエネルギーの一つとして掲げられている太陽光発電促進に関するビジョンとして、「ソーラー王国やまなし」「太陽光発電普及率日本一」が掲げられています。
公共施設や民間施設の省エネ・クリーン化やソーラー関連施設の建設などが推進され、その運用が進められています。
山梨県のソーラー関連設備として挙げられるのが、米倉山に建設されたメガソーラー発電所や太陽光発電所PR施設「ゆめソーラー館やまなし」でしょう。
一般家庭約3,400軒分の使用電力量を賄えるほどの発電力を備えたメガソーラー発電所は、稼働開始後1年を経過したところ、試算よりも優秀な結果を出しています。
CO2削減効果も一般家庭約1,000軒分の年間排出量に値する程であり、今後のさらなる運用が期待されています。
「ゆめソーラー館やまなし」はソーラー関連の情報のみならず、環境への取り組みとして県が行っている取り組みについての説明なども展示されています。
その他にも、次世代エネルギーに関する情報も集められ、環境やエネルギーに関する情報発信源となっているのです。
また、施設運営にあたってはソーラー発電や小水力発電、地中熱などといった、県で推進するクリーンエネルギーが活用されています。