どんな家にも太陽光発電はつけられる

太陽光発電は光熱費がほとんどかからない、CO2排出がないなど、様々な利点があります。
主に一般家庭で太陽光発電を設置するのは、屋根の上になると思います。
今は色々な屋根の形状があり、デザインのついた屋根もありますが、小さなパネルの太陽光発電のメーカーも出てきているので、以前はそういったデザインつきの屋根に載らなかった太陽光発電も今は安心して付けることができます。
例えば大きなパネルと小さなパネルを併用することで、より無駄なスペースを省いて最大限屋根に搭載することもできるようになりました。
また、フラットな屋根の形状なら、よりたくさんの太陽光発電のパネルが載りますし、もちろんその分、電力を生む効率もよくなります。
それ以外にも、場所柄、太陽光発電を屋根につけられない家でも、庭や空いたスペースが敷地内にあり、そこが比較的太陽の光を受けやすい場所なら、あえて屋根ではなく、地上付近にパネルを置くこともできます。
使っていない畑や庭のスペースがあれば、屋根と一緒に使うことで、より多くの太陽光の発電が期待できるようになります。
その他、最近ではカーポートの屋根に太陽光発電のパネルが付いたものも登場するようになりました。
価格はまだ少し高めではありますが、比較的、カーポートの周辺は障害物がなく、日のあたる一番良い場所にあることが多いので、発電効率は高いものを期待することができます。
屋根に付けられない、または付けても少ししか載せられなかった人は、これらを併用することで、無駄なくより多くの太陽光発電を望むことができます。